根管治療専門医-西五反田の山村歯科医院

今すぐネット受付

電話予約受付:
03-3490-2388

山村歯科 ロゴ

先生のひとりごと

[2020/10/24]

10月

 ☆COVITのせいで出来なかった保育園の健診に一昨日行ってきた。もっとも、診たのは小児歯科専門医の娘の方だけど。

 ☆0歳から6歳までの保育園児を診るのは「利島」では当たり前のようにやっていて、親御さんや保育士さんたちと「利島村の将来」について語り合ったものだ。

 ☆その保育士さんには、今は絵本作家(だけじゃなくて広く活動していらっしゃる)の杉山亮さんが深く関わっているのだが、子供の口腔の健康をどう改善し、どう保持して将来につなげるか、いろいろやった。

 ☆2000年に利島診療から身をひいて、今は日大歯学部の保存学教室のみんながやってくれている(はず)。

 ☆それはそうと、去年から改めて五反田の保育園の園医を仰せつかって、今年は今になった。

 ☆子供は本当に千差万別。一人一人が全く違う。

 ☆普段は大人が中心の仕事だから、多少の違いはあるものの理性が働いて大人の対応である。
 
 ☆子供を診ると、思いっきり「素」が出てくる。

 ☆6歳に近づいて来るに従い、だんだん調和が取れてくる。というか、社会を意識してくる。ま、いい子になってくるというか、物わかりが良くなって来るというか、ルールに従ってくる。

 ☆善し悪しの問題ではないが、これはこれなりに、大変な時期なんだな、と思う。

 ☆同時に、子育てに困っている親に、そしてこのところ悲惨な事件が起きるたびに心が詰まるんだけど、そういう人には(現実的ではないけど)こういうたくさんの子供に接してほしいな、と思う。

 ☆子供はこれほどいっぱい表現するものなんだ、と。ちょっとしたことも、子供の状態に影響して、大人にはすぐにはわかりにくい表現をするものなんだと。

 ☆閑話休題。先週まで、そばをたくさん打った。蕎麦つゆにも新境地が開けた・・・?

 ☆昨日は代々木にある「ハクジュホール」でヴァイオリニストの「小林美恵」のベートーヴェンを聴いてきた。ベートーヴェンの新しい一面に気がついた。

 ☆先々週は奥日光を散歩してきた。そのときの紅葉は半分だったけど、気持ちよかった。

 ☆いろいろあったのになかなかここに書けなかった。今後、順に書いてゆこうと思う。書くと、足が地に着く。