home

YAMAMURA DENTAL OFFICE/ヤマムラデンタルオフィス


先生のひとりごと

登録日

日付 2020/01/07
タイトル 何に情熱を?スタートに寄せて。
   ◎明けましておめでとうございます。

 ◎暮れから正月にかけて、いろいろ感じるところがあった。

 ◎一つは音楽会、一つは箱根駅伝。

 ◎暮れはMusic Dialogueの演奏会と、ピアニスト秋場敬浩さんのリサイタル。秋場さんのは上田の別所線復興のチャリティー。

 ◎Music~の方は練習風景も聴かせていただいてからの本演奏で、ブラームス・ピアノ五重奏曲。さすがに表現が豊かになってまとまった。ま、ピアノは大変だろうな、と思うけど。

 ◎秋場さんの方は、アルメニアとポーランドと日本の作曲家の作品から。

 ◎特に日本の野平一郎さんの「日本古謡のパラフレーズ」で「ずいずいずっころばしとサクラサクラ」がすばらしい演奏。

 ◎天才的ピアニストの演奏というのはあのピアノから情景や感情があふれ出すんだなぁ。

 ◎そしてデイヴ・グルーシンの映画音楽からの数々を自身で写譜してピアノ曲に仕上げたものとポール・サイモンの「明日にかける橋」。

 ◎彼が言うには、「音楽というのは、クラシックのように淘汰されつつ残るようなものはもちろんだけれども、映画音楽のようにポピュラーなものの中にも心を揺さぶるものもある。」

 ◎さらに、「大事なことは、音楽を通してそういう心に気づき、豊かな人間性を醸し、育み、それが自己完結してしまいがちなこのご時世の中で、心の架け橋を作ってゆくことができればいい。」

 ◎芸術家というのは、すごいなぁ、と思いました。

 ◎箱根駅伝は、今年はロマンスカーで箱根湯本まで一本で行き、第5区の箱根湯本駅付近で応援。

 ◎今年はトップの青山学院から最後の筑波大までしっかり見ることができました。

 ◎僕の患者さんがある大学の監督車に乗っているというので、これもまた応援(笑)。

 ◎ランナーたちはもう僕のこどもたちより年下になってしまったけど、そのひたむきなエネルギーの発散に脱帽。

 ◎音楽という芸術も、マラソンというエネルギーの発散も、人間のすばらしさを通して生きていることへの喜びにあふれている。

 ◎「感動」というのはそういう部分に触れてこそではあるものの、感じられる力も麻痺させてはいけないんだ、と思った次第です。
登録日

Copylight (C) 2004 YAMAMURA DENTAL OFFICE All Rights Reserved.

YAMAMURA DENTAL OFFICE